基本事項



ページ内検索はctrl+F


   

公式サイト

Xperia(TM) XZ SOV34 | スマートフォン(Android スマホ) | au
http://www.au.kddi.com/mobile/product/smartphone/sov34/

Xperia XZ SOV34 | ソニーモバイルコミュニケーションズ
http://www.sonymobile.co.jp/xperia/au/sov34/

基本事項

特徴・概要紹介ビデオ

 

スペック

商品名:Xperia XZ SOV34 (エクスペリア エックスゼット エスオーブイサンヨン)
発売日:2016年11月2日
OS:Android 6.0
CPU:Snapdragon 820 MSM8996 2.2GHz x2 + 1.6GHz x2 / Adreno 530 GPU(64ビットクアッドコア)(Snapdragon
サイズ:約72 × 146 × 8.1mm
重量:161g

連続通話時間:約1630分
連続待受時間:4G LTEエリア 約660時間、WiMAX 2+ 約660時間

通信:
FDD-LTE 700(B28)、800(B18/26)、1700(B3)、2000(B1) MHz
WiMAX 2+(TD-LTE) 2500(B41) MHz
W-CDMA 2100(I) MHz
GSM 1900/1800/900/850 MHz
・CDMA2000(3G通信) は非対応
・Bluetooth Ver.4.2
・Wi-Fi 2.4GHz/5GHz
※[技適通過情報|]

通信速度(4G LTE(2GHz)& WiMAX 2+キャリアアグリゲーション):受信最大370Mbps
通信速度(4G LTE 800MHz):受信最大75Mbps、送信最大25Mbps
通信速度(4G LTE 2GHz):受信最大150Mbps、送信最大12Mbps
通信速度(4G LTE キャリアアグリゲーション):受信最大225Mbps
通信速度(Wimax2+):受信最大110Mbps、送信最大15Mbps
通信速度(Wimax2+キャリアアグリゲーション):受信最大220Mbps/送信最大30Mbps
通信速度(3G):非対応

au世界サービス:○[LTE(VoLTE対応)/GSM/UMTS]
VoLTE対応:(そのかわり、3G通信には非対応)
GPS:○
無線LAN: a/b/g/n/acMIMO対応(複数のアンテナを使うことで高速化)
無線LANルーター(テザリング)機能:○最大10台
Bluetooth: Bluetooth 4.2 (aptX対応、LDAC対応
※LDAC(エルダック)とは、Bluetoothで利用するコーデックで、Bluetooth標準コーデックのSBC(328kbps)の約3倍にあたる、990kbpsで伝送。ワイヤレスでも高音質で楽しめる。
Bluetoothテザリング:○

RAM:3GB
内蔵メモリ:32GB
外部メモリ:microSDXC 256GBまで公式対応
UHS-I対応:○

ディスプレイ:5.2インチ Full HD(1920x1080) トリルミナス ディスプレイ for mobile、LiveColor LED
※通常のLEDバックライトにはブルーに発光するLEDと黄色のリンの組み合わせが用いられるが、「LiveColor LED」ではブルーのLEDに赤とグリーンのリンを蛍光体に組み合わせることで表示色域を拡大。

マルチタッチ:10点
飛散防止フィルム:なし

カメラ(撮像素子):2300万画素 Exmor RS for Mobile(SONY IMX300)、超高感度ISO 12800対応。センサーサイズは1/2.3インチ。位相差式とコントラスト方式を併用したPredictive Hybrid AFにより、スマホとして世界最速の0.03秒というAF速度を実現。さらに、レーザーAFを採用し、暗所でのAF性能が向上。さらに、赤外線を色情報として扱う「RGBC-IRセンサー」を導入し、これによりホワイトバランスの誤認識が大きく改善。(トリプルイメージセンサーテクノロジー) Clear Image Zoom(高画質デジタルズーム)5倍、デジタルズーム最大8倍。手ブレ補正機能は、従来3軸から5軸の補正に強化。X/Y軸のブレに対応したことで、近距離での撮影時により手ブレを抑えやすくなった。
カメラ(レンズ):絞り開放F2.0焦点距離は35mm版換算で24mm相当、G Lens
独立シャッターボタン:○
前面インカメラ:1320万画素(SONY IMX214、1/3.06インチ)、広角22mmのレンズ(インカメラにもプレミアムおまかせオートや、動画撮影時にブレを予測して手ブレを抑える「インテリジェントアクティブモード」を採用)
動画撮影:4K動画撮影対応
手ぶれ補正:○(電子式)※5軸補正(SteadyShot、世界初)かなり強力な手ぶれ補正です。
※動画の5軸手ぶれ補正は、4K、FullHD 60fpsでは利用できない。

USB:Type-C 2.0キャップレス防水
USBホスト:○
※USBホスト機能を利用するには、手動での機器検出操作が必要。([設定]→[機器接続]→[USB接続設定]→[USB機器を検出])
USB DAC:○公式に対応、ハイレゾ出力に対応(最大192kHz/24bitのWAV/FLACファイルを、USB-DACやスピーカーなどの外部機器へデジタル出力することができる。)
HDMI映像出力(MHL):×MHL非対応なので注意。映像出力はMiracastを利用する。
Miracast:○

ヘッドホンジャック:3.5mm(キャップレス防水、ハイレゾ出力対応
サラウンド:VPT、Clear Audio+、Clear Bass、ハイレゾ音源対応(イヤホンジャックからのハイレゾ出力に対応!)、さらに、MP3やAACなどの圧縮音源の解像度を、ハイレゾ相当にアップスケーリングするソニー独自のDSEE HX技術実装。装着した有線のヘッドフォンで最適な音質に自動調整する機能を実装。
※ハイレゾ出力は、USB-DACは192kHz/24bitまでの出力に、ヘッドホン端子でも192kHz/24bitまでの出力に対応
ハイレゾ対応のイヤホンが必要です
デジタルノイズキャンセリング機能:○(別売の専用イヤホンを購入することで、周囲の雑音を98%カットできる。対応イヤホンはMDR-NC31EM、ウォークマン用MDR-NC31、MDR-NC033、MDR-NWNC33、MDR-NWN33S、MDR-NC750)
スピーカー:S-Foruceサラウンド対応のフロントステレオスピーカー
S-master:×

バッテリー容量:2900mAh「いたわり充電」機能実装。「いたわり充電」では、ユーザーの行動パターンを学習し、例えば就寝中に充電をする場合、一気に満充電とはせず、ユーザーの起床時間に合わせて充電を完了させる。これによってバッテリーへの負荷を減らせる。)
ユーザーが自分で電池交換:×
クレードル(卓上ホルダ):○(別売り) ※マグネット充電端子はZ4から廃止
置くだけ充電(ワイヤレス充電、qi):×
急速充電1:○
急速充電2(Quick Charge 2.0、9V-12V高電圧急速充電):○
急速充電3(Quick Charge 3.0、3.6V-20V高電圧急速充電):

SIM:au Nano IC Card 04(au VoLTE専用SIM) ※ナノSIM
au VoLTE端末専用SIMなので注意
※4G LTE用SIMは本機で利用不可。逆に本機のSIMを従来の4G LTE端末(VoLTE非対応端末)に挿して利用するのも不可。au VoLTE対応端末でのみ使い回し可。

ワンセグ:○(録画○)
フルセグ:○(録画○)※フルセグの録画に対応
ワンセグアンテナ:イヤホンジャックに外付け
オサイフ:○
NFC:○
赤外線:×
FMトランスミッター:×
FMラジオ:×
防水:○ IP65/68相当の防水・防塵性能、イヤホンジャックとUSB端子はキャップレス防水
防塵:○ IP6X
保護等級(防塵・防水)について

指紋認証センサー:(電源ボタン部に実装)

DLNA:○
DTCP-IP:○
ストラップホール:×!(Xからストラップホールは廃止されました)

PS4リモートプレイ:○

※PlayStation 4のDUALSHOCK4を利用可能
※Xperia XZ のPS4 リモートプレイは、PS4 と同一のローカルネットワークに接続したZ3 を、PS4 のリモートスクリーンとして使う機能。専用マウンタを付けたDUALSHOCK 4 に固定してプレイする。外出先から接続するのは動作保証外だが一応できるらしい。

簡易留守録(本体に留守録、伝言メモ):最初から○
スタミナモード:○
手ぶくろモード:○手袋を使っている場合でも操作できる「手ぶくろモード」もサポート

カラーバリエーション:ミネラルブラック、プラチナ、フォレストブルー、ディープピンク
同梱品:ソニーモバイルTVアンテナケーブル02 

外観